コンクリート工事の必要性について考えよう

アスファルト

建物の劣化は100%防げない

住宅や社屋などに用いられるコンクリートは、年を重ねるごとにどうしても劣化が進んでしまいます。コンクリートで出来た建物は一見丈夫そうに見えますが、10年から15年ほどを境に段々と劣化が進んでいき、黒ずみやひび割れなどが目立つようになるでしょう。
劣化が進んだ建物は見た目が悪いだけでなく、建物の快適さも損ねてしまいます。

コンクリートが劣化する原因とは

そもそも、丈夫なコンクリートが劣化してしまう原因とは何なのでしょうか?まず、劣化の要因として挙げられるのが雨風です。これは住宅の外壁や塀、駐車場といった野ざらしになっている箇所は避けようがありません。また、駐車場のように車が往来する場所の場合、タイヤ等の跡が段々と傷になっていくこともあります。それに加えて、コケやカビ、植物の侵蝕によって外壁が草だらけになっている住宅もよく目にします。このように、様々な要因によってコンクリートの機能は損なわれてしまうのです。

コンクリート工事で改善

劣化したコンクリートは、工事によって機能性を改善することが出来ます。駐車場などの地面がひび割れている場合は、舗装工事を行うことで車にダメージのない状態に直すことが出来ます。また、外壁がひび割れている場合などは、ひびの間にコンクリートを注入する補修工事でヒビのない状態に戻すことが可能です。コンクリートの劣化は放置すればするほど取り返しがつかなくなってしまうので、出来る限り早い段階で補修を行うよう心がけましょう。

[PR]
コンクリート工事をお願いしちゃおう
電話一本で対応してくれる

コンクリート工事を行うメリット・デメリット

建物・物件が長持ちする

コンクリートの劣化をそのまま放置してしまうと、住宅なら雨漏りや断熱性能の悪化に繋がってしまいますし、駐車場などの場合はタイヤへのダメージ等に繋がってしまいます。そのため、コンクリート工事を行うことは、建物の寿命を維持するだけでなく、機能性を保全することにも繋がると言えます。一度劣化が始まるとそこから芋づる式に悪くなってしまうので、早い段階で対策を講じることが大切なのです。

工事期間中の注意点

「工事を行わないデメリット」は基本的にはありませんが、工事は一定期間かかる点に注意しておきましょう。コンクリート工事は基本的に屋外なので「建物に入れない」ということはほぼ無いですが、駐車場の舗装を行う場合には駐車場が使えなくなるなどの影響が出るため、スケジュールを確認した上で工事を行う必要があります。

機能性を改善する工事も

物件の一部にコンクリートが使われている場合、いずれコンクリート工事は必要になると考えて差し支え無いでしょう。また、コンクリートが劣化していなくても、設置や塀の建て替え、花壇の設置などエクステリアデザインのためにコンクリート工事が役立つこともあります。

コンクリート工事に関するQ&A

どんな工事があるの?

コンクリート工事と言っても、その内容は施工箇所によって大きく異なります。例えば塀の設置の場合には、ブロック塀の積み上げや打ちっぱなし塀(RC塀)の設置が挙げられます。これらは鉄筋とコンクリートを組み合わせた強度の高い塀となっているので、台風や地震といった災害に強い塀と言えるでしょう。また、駐車場の場合には舗装工事によってアスファルトや砂利からコンクリートへと変更することが可能です。コンクリートの駐車場は水はけや雪はけが良いので、天候に左右されない駐車場と言えます。また、タイヤに傷がつかないのも大きなメリットとなっています。上記以外にも、外壁の補修や室内の改修など、様々なコンクリート工事があります。

費用はどれくらいかかる?

コンクリート工事の費用はまさにピンきりです。工事内容によって変動しますが、基本的にはコンクリートの厚み×施工面積(平方メートル)で計算されます。ただし上記に加えて、施行箇所の下準備が必要かどうかによっても金額は変わるので、一度見積もりを出してもらうのが一番早いかもしれません。

工期はどのくらい?

コンクリートは硬くなるまでに1週間程度の時間がかかります。そのため、駐車場などの場合は硬化するまでの期間使用ができるなくなる点に注意しましょう。また、大雨や雪といった天候の場合には、工事が延期となります。

[PR]
舗装工事の優良業者をリサーチ☆
施工価格を要チェック!

広告募集中